子ども理解のメソドロジー : 実践者のための「質的実践研究」アイディアブック

中坪史典 編

[目次]

  • 1 子ども理解の方法としてのエピソード記述-保育や教育現場における心のやりとりを生き生きと描き出す
  • 2 子ども理解の方法としてのKJ法-子どもの遊びの姿から学びを可視化する
  • 3 子ども理解の方法としてのエスノグラフィー-"見る‐書く‐考える"営みが子どもを見る目を鍛える
  • 4 子ども理解の方法としてのサウンドエスノグラフィー-遊びにおける音の世界を通して子どもを理解する
  • 5 子ども理解の方法としての映像実践-映像を介してその子の「今、ここ」を語り合う
  • 6 子ども理解の方法としてのドキュメンテーション-レッジョ・エミリアのドキュメンテーション‐保育の羅針盤としての記録
  • 7 子ども理解の方法としてのラーニング・ストーリー-保育者、保護者、子どもがともに紡ぐ物語
  • 8 子ども理解の方法としての『子どもの経験から振り返る保育プロセス』-「安心度」「夢中度」という視点から子どもの「今、ここ」を見る
  • 9 子ども理解の方法としてのTAE-体験的に「わかっていること」を明確なことばにする

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子ども理解のメソドロジー : 実践者のための「質的実践研究」アイディアブック
著作者等 中坪 史典
書名ヨミ コドモ リカイ ノ メソドロジー : ジッセンシャ ノ タメ ノ シツテキ ジッセン ケンキュウ アイディア ブック
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2012.6
ページ数 144p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7795-0576-8
NCID BB09074200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22132301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想