美人の歴史

ジョルジュ・ヴィガレロ 著 ; 後平澪子 訳

ファッション、美容、エステは、いつ誕生したか?ルネッサンス期から現代までの「美人」と「化粧法・美容法」をめぐる歴史。当初、普遍的で絶対的なものとしてあった「美」は、「自分を美しくする」技術や努力が重要視されるなかで、個性的なもの、誰もが手にしうるものとして徐々に"民主化"され、現代の化粧品、ファッション、エステ、ダイエットが示すごとく、"美の追求"は万人にとっての強迫観念にまでなった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 啓示される美-十六世紀(記述されるからだ、序列化されるからだ
  • 美人の「性別」
  • 唯一の美
  • 顔の炎と体液)
  • 第2部 表現力豊かな美-十七世紀(顔か胴か?
  • 魂とフォルム
  • 純化と圧縮のはざまで)
  • 第3部 感じられる美-十八世紀(機能的なものの発見
  • 個人の美しさ
  • 引き締まるからだ、美しくなるからだ)
  • 第4部 「求められる」美-十九世紀(ロマン主義の美
  • 人体の勝利
  • 美しくなるための市場)
  • 第5部 民主化された美?-一九一四‐二〇〇〇年(「現代のシルフィード」
  • スターに近づく
  • 「消費のもっとも美しい対象」
  • 「試練」としての美、現代の美)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美人の歴史
著作者等 Vigarello, Georges
後平 澪子
ヴィガレロ ジョルジュ
書名ヨミ ビジン ノ レキシ
書名別名 Histoire de la beauté
出版元 藤原書店
刊行年月 2012.4
ページ数 437p 図版16p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89434-851-6
NCID BB09073161
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22096928
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想