黒潮の魚たち

松浦啓一 編著

黒潮と日本の魚類相。黒潮が南から北へベルトコンベヤーのように魚類を運搬すると同時に、魚類の分布を分断する障壁にもなっているという仮説を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 黒潮流域の魚類相(黒潮と魚たち
  • 黒潮が育む鹿児島県の魚類多様性
  • 黒潮と高知県の浅海魚類相)
  • 第2部 ベルトコンベヤーと障壁(黒潮による分断と移送-トウゴロウイワシ類と黒潮
  • アカハタにおける進化の歴史的変遷
  • 東アジアにおけるキチヌの外部形態と遺伝的集団構造
  • 黒潮が運ぶボウズハゼ-熱帯淡水性魚類の両側回遊)
  • 第3部 黒潮と魚類の種分化(黒潮沿岸と内湾の「ペア種」とその歴史
  • マンボウ研究最前線-分類と生態、そして生物地理
  • もっとも幼形進化的な魚類-シラスウオ類の隠された多様性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黒潮の魚たち
著作者等 松浦 啓一
書名ヨミ クロシオ ノ サカナタチ
シリーズ名 叢書・イクチオロギア 2
出版元 東海大学出版会
刊行年月 2012.4
ページ数 221p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-486-01934-3
NCID BB0906784X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22094298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想