今昔東海道独案内  東篇 (日本橋より浜松へ)

今井金吾 著

いにしえの昔から、日本の幹線道路として生きてきた道、東海道。庶民が辿った東海道五十三次は、江戸時代、いったいどのようになっていたのか。試みに二万五千分の一地図を持って歩いてみれば、国道や高速道路の裏側に、昔の旅人が憩ったであろう一里塚や飯屋が、神社やお寺、並木までもが、いまなおひっそり残っているのが分かる。私たち日本人の歴史が刻みこまれた街道を、著者が実際に自分の足で辿りなおした名著。上巻は日本の起点だったお江戸・日本橋を出発して、浜松・本坂越まで。全行程の地図を完備。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東海道の旅
  • 東海道五十三次(日本橋より品川へ
  • 品川より川崎へ
  • 川崎より神奈川へ
  • 神奈川より程ヶ谷へ
  • 程ヶ谷より戸塚へ
  • 戸塚より藤沢へ
  • 藤沢より平塚へ
  • 大山道
  • 平塚より大磯へ
  • 大磯より小田原へ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 今昔東海道独案内
著作者等 今井 金吾
書名ヨミ コンジャク トウカイドウ ヒトリ アンナイ
シリーズ名 ちくま学芸文庫 イ45-1
巻冊次 東篇 (日本橋より浜松へ)
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.5
ページ数 274p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09452-0
NCID BB09064513
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136431
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想