間主観性の現象学その方法

エトムント・フッサール 著 ; 浜渦辰二, 山口一郎 監訳

フッサール現象学の主要概念「間主観性」をめぐるテクストを精選。本邦初訳。これまでにない明解な訳文で、現象学への新たな扉が開かれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 還元と方法(現象学の根本問題
  • 純粋心理学と現象学-間主観的還元
  • 現象学的還元の思想についての考察
  • 現象学的な根源の問題
  • 『デカルト的省察』における間主観性の問題について)
  • 第2部 感情移入(感情移入に関する古い草稿からの抜粋
  • 感情移入 一九〇九年のテキストから
  • 「感情移入」と「類比による転用」の概念にたいする批判
  • 本来的な感情移入と非本来的な感情移入
  • 「内的経験」としての感情移入-モナドは窓をもつ)
  • 第3部 発生的現象学-本能・幼児・動物(脱構築による解釈としての幼児と動物への感情移入
  • 他のエゴと間主観性における現象学的還元
  • 構成的発生についての重要な考察
  • 元初性への還元
  • 静態的現象学と発生的現象学
  • 世界と私たち-人間の環境世界と動物の環境世界
  • 幼児-最初の感情移入)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 間主観性の現象学その方法
著作者等 Husserl, Edmund
山口 一郎
浜渦 辰二
フッサール エトムント
書名ヨミ カンシュカンセイ ノ ゲンショウガク ソノ ホウホウ
書名別名 Zur Phanomenologie der Intersubjektivitat
シリーズ名 ちくま学芸文庫 フ21-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.5
ページ数 552,6p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09448-3
NCID BB09062154
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想