論理学考究 : アポリアへの挑戦

戸辺弘之 著

簡潔性、実用性に卓越したQuineの『方法』を詳説、それに基づきG¨odelやChurchの定理を含む、標準的な論理学を厳密に展開する。また、認識論理学の「自然演繹法」化の、1つの可能性を提案する。更に、「超実数」の必要性を強調し、それにより種々のアポリア(パラドックス等)の解明を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 Quineの主要方法
  • 第2章 Quineの自然演繹法
  • 第3章 Craigの補間定理と2、3の応用
  • 第4章 代入
  • 第5章 G¨odel及びChurchの定理
  • 第6章 認識と信念の論理
  • 第7章 超実数とParadoxes

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論理学考究 : アポリアへの挑戦
著作者等 戸辺 弘之
書名ヨミ ロンリガク コウキュウ : アポリア エノ チョウセン
出版元 東京図書 : リフレ出版
刊行年月 2012.4
ページ数 187p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86223-540-4
NCID BB0905931X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22072281
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想