河原ノ者・非人・秀吉

服部英雄 著

非人の世界に身を置きながら関白にまで昇りつめた秀吉。あらゆる史料を熟読し、秀頼は秀吉の実の子ではないことも立証。被差別民の新たな活動と役割を中世の視座から明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 河原ノ者・非人(犬追物を演出した河原ノ者たち-犬の馬場の背景
  • 大和国北山非人宿をめぐる東大寺と興福寺-奈良坂と般若坂
  • 都鄙の療病寺・悲田寺・清目(カワタ)-救ライ(癩)活動の展開と地方の差別構造
  • 越後国荒河保の「入出非人所」と奥山庄の「ひにんかう屋(荒野)」
  • 重源上人と「乞〓(がい)非人」-建仁二年の狭山池改修碑にみる土木工事と差別された人々
  • サンカ考
  • 太鼓製作と中世筥崎宮散所
  • 人身売買史断章・現代と中世を交錯する遊女像)
  • 第2部 豊臣秀吉(少年期秀吉の環境と清須城下・繁栄と乞食町
  • 秀吉の出自
  • 秀頼の父
  • 秀吉と陰陽師)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 河原ノ者・非人・秀吉
著作者等 服部 英雄
書名ヨミ カワラノモノ ヒニン ヒデヨシ
書名別名 Kawaranomono hinin hideyoshi
出版元 山川出版社
刊行年月 2012.4
ページ数 713p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-634-15021-8
NCID BB09055206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22100960
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想