体育・スポーツ史の世界 : 大地と人と歴史との対話 : 楠戸一彦先生退職記念論集

楠戸一彦先生退職記念論集刊行会 編

この本の情報

書名 体育・スポーツ史の世界 : 大地と人と歴史との対話 : 楠戸一彦先生退職記念論集
著作者等 楠戸一彦先生退職記念論集刊行会
書名ヨミ タイイク スポーツシ ノ セカイ : ダイチ ト ヒト ト レキシ トノ タイワ : クスド カズヒコ センセイ タイショク キネン ロンシュウ
出版元 溪水社
刊行年月 2012.2
ページ数 493p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86327-179-1
NCID BB09004001
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22116661
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
1914年以前のイングランドにおける企業内ホッケークラブの活動について 秋元忍
1968年グルノーブル冬季五輪における性別確認検査導入の経緯 來田享子
「トゥルネン=スポーツ抗争」の帰結に関する研究 都筑真
カール・フェルカーの体操とロンドン体操クラブの設立(1826年) 榊原浩晃
スポーツカタログにみるアイルランドの近代スポーツ 榎本雅之
ドイツ人医師エルヴィン・フォン・ベルツと日本の伝統的武術との関わり BITTMANN Heiko
ドイツ再統一後の旧東ドイツスポーツジャーナリストK. フーンの言説 寳學淳郎
人と大地の交流についての対話 オリンピックの用語史 和田浩一
太平洋戦争下の国民体育と体操 佐々木浩雄
女子教育のパイオニア下田歌子の体育奨励について 藤坂由美子
戦前日本のスポーツ外交 田原淳子
戦後初期の国立大学附属小学校における学校体育の構想 崎田嘉寛
日帝強占期学校体育の武道に関する研究 朴貴順
日系新聞にみるハワイ日系移民のスポーツ活動に関する研究 梶孝之
明治期から大正期の長崎YMCAにおける「体育事業」の普及と展開 服部宏治
東の大地との対話 朝鮮時代の騎馬撃毬実施方法に関する記事について 村戸弥生
汎愛派J.H. カンペの育児論 西村美佳
活動フィルム「日本のテニス」(昭和8年)作製の経緯と歴史的考察 後藤光将
篠原助市の「心身一体の教育」(1941)について 鈴木明哲
薩摩のハマ投げ 山田理恵
西の大地との対話 古代ローマのスポーツ文化に関する考察 桶谷敏之
金井勝三郎の普及活動からみたスキー技術の変化について 新井博
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想