カント実践哲学とイギリス道徳哲学 : カント・ヒューム・スミス

高田純 著

研究が手薄なイギリス道徳哲学とカント実践哲学の関係の考察に挑戦。とくにヒュームとスミスの道徳哲学がカントの倫理学と人間学に影響を与えたことを解明する。カントの思想形成過程を踏まえ、カントの実践哲学の底流、隠された構造を照射。カントの従来の狭い図式的理解の修正をめざす。ホッブズの意志論、近代の意志論争にも言及。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ヒュームの決定説とカントの自由意志説-自由の原因性をめぐって
  • 第2部 ヒューム道徳感情論とカント実践哲学-感情の交流と人間観察をめぐって
  • 第3部 スミスの道徳哲学-共感と「立場の交換」の思想
  • 第4部 カント実践哲学に対するスミスの影響-「立場の交換」論の改作
  • 第5部 ホッブズの行為決定論-その先駆性と限界
  • 第6部 近代の自由意志論争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カント実践哲学とイギリス道徳哲学 : カント・ヒューム・スミス
著作者等 高田 純
書名ヨミ カント ジッセン テツガク ト イギリス ドウトク テツガク : カント ヒューム スミス
書名別名 Kanto jissen tetsugaku to igirisu dotoku tetsugaku
出版元 梓出版社
刊行年月 2012.3
ページ数 276p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87262-027-6
NCID BB09003472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22123496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想