長崎奉行 : 等身大の官僚群像

鈴木康子 著

江戸から遠く離れた九州の最西端に位置し、唯一、海外に開かれていた長崎。この地を統べる長崎奉行は、行政・司法に加え、貿易の支配、キリシタン取締、そして経済官僚的な役割を担った。この要職の実態とはいかなるものであったのか。本書では、江戸期一二五人の奉行の中から特に興味深い人びとを取り上げ、その人物像、業績、評価などを、多くの史料をもとに描き出す。今も昔も変わらない官僚人生の悲喜交々とは-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 等身大の長崎奉行
  • 第1章 女性スキャンダルが招いた結末-竹中采女正重義(一六二九〜三三)
  • 第2章 仏と閻魔の顔を持つ男-河野権右衛門通定(一六六六〜七二)
  • 第3章 長崎奉行の位階を上げた男-川口摂津守(源左衛門)宗恒(一六八〇〜九三)
  • 第4章 長崎市民人気ナンバーワンの長崎奉行-大森山城守時長(一七三二〜三四)
  • 第5章 将軍四代に仕えた経済官僚-萩原伯耆守美雅(一七三六〜四三)
  • 第6章 大岡越前に取られた名裁き-松浦河内守信正(一七四八〜五二)
  • 第7章 田沼意次の右腕になった紀州藩士二世-石谷備後守清昌(一七六二〜七〇)
  • 終章 職掌の変遷と江戸後期の長崎奉行

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 長崎奉行 : 等身大の官僚群像
著作者等 鈴木 康子
書名ヨミ ナガサキ ブギョウ : トウシンダイ ノ カンリョウ グンゾウ
書名別名 Nagasaki bugyo
シリーズ名 筑摩選書 0039
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.4
ページ数 233p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-01541-9
NCID BB08991158
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22103936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想