朝鮮戦争の起源  1

ブルース・カミングス 著

[目次]

  • 第1部 物語の背景(植民地朝鮮における社会階級と支配機構
  • 植民地朝鮮における地主と小作人の関係
  • 革命と反動-一九四五年八月から九月まで
  • 坩堝の中の対朝鮮政策-アメリカにおける一国独占主義と国際協調主義の対立)
  • 第2部 中央におけるアメリカ占領軍の政策-一九四五年‐一九四七年(新しい秩序の創出-アメリカ軍の上陸と官僚機構、警察、軍に対する政策
  • 南朝鮮の単独政府に向かって
  • 国際協調主義的政策と一国独占主義的論理-中央における態度の硬化一九四六年)
  • 第3部 地方における朝鮮人と米軍の激突-一九四五年‐一九四七年(各道における人民委員会の概観
  • 各道における人民委員会の運命
  • 九月ゼネストと一〇月人民蜂起
  • 北朝鮮の風-社会主義改革の展開
  • 結論-踏みにじられた解放)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 朝鮮戦争の起源
著作者等 Cumings, Bruce
加地 永都子
林 哲
鄭 敬謨
カミングス ブルース
書名ヨミ チョウセン センソウ ノ キゲン
書名別名 THE ORIGINS OF THE KOREAN WAR

解放と南北分断体制の出現 : 1945年-1947年
巻冊次 1
出版元 明石書店
刊行年月 2012.4
ページ数 626p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7503-3564-3
NCID BB0898889X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22093864
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
解放と南北分断体制の出現 : 1945年-1947年 加地永都子, 林哲, 鄭敬謨
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想