地方自治体と高齢者福祉・教育福祉の政策課題 : 日本とフィンランド

横山純一 著

財源問題と結びつけながら行う、社会保障の抜本改革とは?行政効率化一辺倒ではなく、財源問題を直視しながら、高齢者福祉や義務教育等の充実や効果的な施策の遂行、地方自治の拡充などについて述べるとともに、フィンランドにおける、福祉・保健医療と教育関係について国庫支出金を中軸とした改革の事例を紹介し、解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 高齢者福祉と財政に関する改革-課題と展望
  • 第2章 社会保障国民会議における医療・介護費用のシミュレーションについて
  • 第3章 介護従事者の賃金労働条件改善の取り組みと課題-介護報酬改定(2009年4月実施)と介護職員処遇改善交付金を中心に
  • 第4章 後期高齢者医療制度の創設と課題-必要な公費負担と消費税をめぐる状況
  • 第5章 フィンランドにおける高齢者福祉の変化(1990‐2006)-1990年代前半の不況以後の高齢者介護サービスと福祉民営化、地域格差問題を中心に
  • 第6章 フィンランドにおける2010年の国庫支出金改革と自治体財政の状況
  • 第7章 義務教育段階の地方教育費の現状と課題
  • 第8章 「子どもの貧困」と就学援助制度

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地方自治体と高齢者福祉・教育福祉の政策課題 : 日本とフィンランド
著作者等 横山 純一
書名ヨミ チホウ ジチタイ ト コウレイシャ フクシ キョウイク フクシ ノ セイサク カダイ : ニホン ト フィンランド
出版元 同文舘
刊行年月 2012.3
ページ数 251p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-495-86651-8
NCID BB08978342
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22078132
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想