日本の公務員倫理 : 積極、協働への転換

杉本泰治 著 ; 技術者倫理研究会 編

これまで公務員倫理法のもとで"公務員倫理"とされてきたのは「消極的倫理」だった。-本書は、行政のなかでも、国民生活の安全を図る規制行政を対象とし、特に「原子力の安全確保」に目を向ける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 積極的な公務員倫理
  • 第2章 倫理とは何か
  • 第3章 現代の規制行政
  • 第4章 官と民の協働関係
  • 第5章 倫理審査会が見た公務員倫理
  • 第6章 積極的な公務員倫理の推進
  • 第7章 自主的、積極的倫理を阻害するもの
  • 第8章 事例による訓練

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の公務員倫理 : 積極、協働への転換
著作者等 技術者倫理研究会
日本技術士会
杉本 泰治
日本技術士会(登録)技術者倫理研究会
書名ヨミ ニホン ノ コウムイン リンリ : セッキョク キョウドウ エノ テンカン
シリーズ名 Gakusai Sensho
学際選書
出版元 創英社 : 三省堂書店
刊行年月 2012.2
ページ数 244p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88142-530-5
NCID BB0897521X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22067776
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想