ヨーロッパ文化の光と影

文化科学叢書編集委員会 編

[目次]

  • 第1部 (メアリー一世とエリザベス一世-十六世紀イングランドの光と影
  • 富と貧困、消費と奴隷-十八世紀イングランドの光と闇
  • 十九世紀ロシア貴族のヨーロッパ・コンプレックス-『アンナ・カレーニナ』に登場する旅行者たちを例に
  • 『無口な女』と『コラボレーション』-沈黙のエラボレーション
  • マサラ系オースティン映画『エウレカ・エウレカ』による脱植民地化
  • 近代はざまの「完璧な一日」
  • ヨーロッパモデルの死と再生)
  • 第2部 (桜は咲き桜は散る-基督教伝来史断片あるいは芥川龍之介論序説
  • 「人生裏面観」の基軸-ラ・ロシュフーコーに見る日本古典文学的要素
  • 作品相互の対話と文化移入-森鴎外作「うたかたの記」と円地文子作「新うたかたの記」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ文化の光と影
著作者等 中京大学文化科学研究所
文化科学叢書編集委員会
書名ヨミ ヨーロッパ ブンカ ノ ヒカリ ト カゲ
書名別名 Yoroppa bunka no hikari to kage
シリーズ名 中京大学文化科学叢書 第13輯
出版元 勁草書房
刊行年月 2012.3
ページ数 285p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-84868-3
NCID BB08974589
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22076847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想