意識は傍観者である : 脳の知られざる営み

デイヴィッド・イーグルマン 著 ; 大田直子 訳

最新脳科学が明かす、心と脳の予想に反したあり方を、平易かつみずみずしく活写。ニューヨークタイムズほか多くのベストセラーリストをにぎわせた科学解説書が、満を持して登場。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 僕の頭のなかに誰かがいる、でもそれは僕じゃない
  • 第2章 五感の証言-経験とは本当はどんなふうなのか
  • 第3章 脳と心の隙間に注意
  • 第4章 考えられる考えの種類
  • 第5章 脳はライバルからなるチーム
  • 第6章 非難に値するかどうかを問うことが、なぜ的はずれなのか
  • 第7章 君主制後の世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 意識は傍観者である : 脳の知られざる営み
著作者等 Eagleman, David
大田 直子
イーグルマン デイヴィッド
書名ヨミ イシキ ワ ボウカンシャ デ アル : ノウ ノ シラレザル イトナミ
書名別名 INCOGNITO

Ishiki wa bokansha de aru
出版元 早川書房
刊行年月 2012.4
ページ数 368p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-15-209292-2
NCID BB08960449
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22087888
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想