日本の朝鮮植民地支配と植民地的近代

李昇一, 金大鎬, 鄭昞旭, 文暎周, 鄭泰憲, 許英蘭, 金旻榮 著 ; 庵逧由香 監訳

[目次]

  • 日帝の朝鮮慣習調査事業活動と植民地法の認識
  • 1910年代〜1930年代初における京城神社と地域社会の関係-京城神社運営および朝鮮人との関係を中心に
  • 経済成長論の「人力開発」認識批判
  • 「経済成長論」の植民地認識に対する批判的検討
  • 経済成長論の歴史像の淵源と矛盾する近現代史認識
  • 生活水準向上論批判-生活と経験のない生活水準議論の限界
  • 植民地期朝鮮人労働者の強制動員と個別企業の責任-明治鉱業(株)の事例

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の朝鮮植民地支配と植民地的近代
著作者等 庵逧 由香
李 昇一
鄭 昞旭
鄭 泰憲
金 大鎬
김, 민영
文 暎周
許 英蘭
鄭 〓旭
書名ヨミ ニホン ノ チョウセン ショクミンチ シハイ ト ショクミンチテキ キンダイ
出版元 明石書店
刊行年月 2012.3
ページ数 248p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7503-3550-6
NCID BB08955096
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22047961
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 韓国語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想