むかしの山旅

今福龍太 編

まだ山が山であった頃の、むかしの山登りの話。日本アルプス黎明期の開拓、初縦走、初登攀から、憧れの山、久恋の山への想いを綴る名随筆集。北海道から九州までの名峰二十余座の山岳紀行文集成。芥川龍之介、大町桂月、木暮理太郎、小島烏水…24人の、純粋な山へ寄せる愛情がみずみずしく溢れる、すべての岳人に贈る一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 富士へ-千九百〇九年八月(竹久夢二)
  • 槍ケ嶽紀行(芥川龍之介)
  • 日本高嶺の堂(大町桂月)
  • 穂高岳槍ヶ岳縦走記(鵜殿正雄)
  • 頂の憩い(大島亮吉)
  • 穂高星夜(書上喜太郎)
  • 穂高岳屏風岩(小川登喜男)
  • 越中剣岳(木暮理太郎)
  • 立山頂上雄山神社(加藤泰三)
  • 白馬山登攀記(河東碧梧桐)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 むかしの山旅
著作者等 今福 竜太
書名ヨミ ムカシ ノ ヤマタビ
シリーズ名 河出文庫 い26-1
出版元 河出書房新社
刊行年月 2012.4
ページ数 304p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-41144-6
NCID BB0895030X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22085443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ヌタプカムウシュペ山 大平晟
八ケ岳の黒百合 小島烏水
単独の北岳 沢田真佐子
大山より船上山へ 北尾鐐之助
富士へ 竹久夢二
日本高嶺の堂 大町桂月
春の白山 石崎光瑤
槍ケ嶽紀行 芥川 龍之介, 芥川竜之介
浅間越え 寺田寅彦
湯殿山・月山・羽黒山 三田尾松太郎
滝沢下部初登攀 平田恭助
玄倉谷から丹沢山へ 松井幹雄
甲斐駒 松濤明
白馬山登攀記 河東碧梧桐
穂高岳屏風岩 小川登喜男
穂高岳槍ケ岳縦走記 鵜殿正雄
穂高星夜 書上喜太郎
立山頂上雄山神社 加藤泰三
第三日、御嶽詣 土居通彦
越中剣岳 木暮 理太郎
阿蘇外輪 小杉放庵
雪の岩手山へ 上関光三
頂の憩い 大島亮吉
高尾山より三頭山まで 高畑棟材
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想