ヤコビ楕円関数原論

カール・G・J・ヤコビ 著 ; 高瀬正仁 訳

19世紀のドイツの数学者C・G・J・ヤコビの名著Fundamenta Nova Theoriae Functionum Ellipticarum(『楕円関数論の新しい基礎』)を、ラテン語原典から世界で初めて翻訳したものである。詳述されるヤコビの論考は、アイゼンシュタイン、クロネッカー、ヴァイエルシュトラス、リーマンなど、後代の数学者たちに絶大な影響を及ぼし、現代の楕円関数論のためのまさしく「新しい基礎」を築いた。われわれは本書を通じて、2重周期性やモジュラー方程式、テータ関数などの重要な諸概念の誕生するさまを目の当たりにし、それらの描き出す美しい有機的統一性を学ぶことになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 楕円関数の変換
  • 楕円関数の展開の理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヤコビ楕円関数原論
著作者等 Jacobi, C. G. J.
Jacobi, Carl Gustav Jakob
高瀬 正仁
Jacobi Carl Gustav Jacob
ヤコビ カール・グスタフヤコブ
書名ヨミ ヤコビ ダエン カンスウ ゲンロン
書名別名 Fundamenta Nova Theoriæ Functionum Ellipticarum
出版元 講談社
刊行年月 2012.4
ページ数 244p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-06-156504-3
NCID BB08933129
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22092907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想