キノコの教え

小川眞 著

木の根と共生し、木材や落ち葉を分解して、菌類はひっそりと森を支えている。キノコは菌類の繁殖装置。植物とも動物とも異なる宿命のもと共生へと進化したキノコの教えをいま人類は学ぶべきではないか。マツタケやトリュフ栽培の苦心、キノコと炭による松林の再生、放射能を集めるキノコなど、食と環境と生命をめぐる興味深い話題を満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日陰者のつぶやき
  • 2 これ食べられますか
  • 3 夢を追って
  • 4 腐らせること
  • 5 森を支えるキノコ
  • 6 環境異変を告げるキノコ
  • 7 マツを助けたショウロ
  • 8 キノコの教え

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キノコの教え
著作者等 小川 真
書名ヨミ キノコ ノ オシエ
書名別名 Kinoko no oshie
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1365
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.4
ページ数 225,3p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431365-6
NCID BB08924354
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22099762
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想