ルポ良心と義務 : 「日の丸・君が代」に抗う人びと

田中伸尚 著

国旗国歌法の制定から十数年。学校には「日の丸・君が代」が入り込み、掲揚・起立・斉唱が事実上、義務化され、それを拒否した教師たちが処分されている。教育現場はどのように変質したか。大阪、東京、北海道など各地で強制に抗う人びとは、何を訴えているのか。苦悩を抱えながらも良心の自由を希求する教師や生徒、市民の姿を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 歌わせられる子どもたち
  • 第1章 いま、大阪で
  • 第2章 法制化一三年の攻防
  • 第3章 良心を核に法廷へ
  • 第4章 不服従の多様なスタイル
  • 第5章 市民と生徒たちの抵抗
  • 終章 「日の丸・君が代」問題とは何なのか-永井愛さんに聞く、『歌わせたい男たち』の世界と現実

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルポ良心と義務 : 「日の丸・君が代」に抗う人びと
著作者等 田中 伸尚
書名ヨミ ルポ リョウシン ト ギム : ヒノマル キミガヨ ニ アラガウ ヒトビト
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1362
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.4
ページ数 229p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431362-5
NCID BB08919252
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22099768
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想