北朝鮮現代史

和田春樹 著

一九四八年九月九日に建国して六〇年余、朝鮮民主主義人民共和国は独自の道を歩んできた。その原点となる満州での抗日闘争の時代から、金正日総書記の死までを記す通史。冷戦による分断の悲劇がもたらした朝鮮戦争、戦後の社会主義化と金日成の遊撃隊国家、さらに金正日による先軍政治(正規軍国家)までの激動の歴史を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 金日成と満州抗日武装闘争-一九三二〜一九四五
  • 第2章 朝鮮民主主義人民共和国の誕生-一九四五〜一九四八
  • 第3章 朝鮮戦争-一九四八〜一九五三
  • 第4章 復興と社会主義化-一九五三〜一九六一
  • 第5章 遊撃隊国家の成立-一九六一〜一九七二
  • 第6章 劇場国家の明と暗-一九七二〜一九八二
  • 第7章 危機と孤立の中で-一九八三〜一九九四
  • 第8章 金正日の「先軍政治」-一九九四〜一九九九
  • 第9章 激震の中の北朝鮮-二〇〇〇〜二〇一二

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北朝鮮現代史
著作者等 和田 春樹
書名ヨミ キタチョウセン ゲンダイシ
書名別名 Kitachosen gendaishi
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1361
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.4
版表示 改訂
ページ数 245,9p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431361-8
NCID BB08915659
BB28872413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22099764
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想