3.11の記録

大久保満男, 大島伸一 編

累々たる遺体、悲傷の家族。悲しみの底で歯科医師のできること、それは一切無私の身元確認でしかなかった。-震災を機に、この国は変わらなければならない。鷲田清一(臨床哲学)との対談にはじまり、秋山弘子(ジェロントロジー)らとの座談に広がる、熱い思い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序にかえて 3・11が、問いかけるもの
  • 被災地への支援の輪を
  • 身元確認にあたった歯科医師たちの150日-ルポ 1人でも多く、1日でも早く
  • 大規模災害と誤嚥性肺炎 何をすべきであったか、何故できなかったか
  • 待つ医療、出かける支援-災害時の医療と保健
  • 仮設歯科診療所-コミュニティ復活の核として
  • 被災地から始まる高齢社会のコミュニティづくり
  • 『8020の里づくり』の報告
  • 東日本大震災の記録を上梓するにあたって
  • 生きがいを支える歯科医療に期待し、提言する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 3.11の記録
著作者等 大久保 満男
大島 伸一
書名ヨミ サン イチイチ ノ キロク : シンサイ ガ トイカケル コミュニティ ノ イリョウ
書名別名 震災が問いかけるコミュニティの医療
シリーズ名 歯科医師会からの提言 3
食べる-生きる力を支える 3
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.4
ページ数 297p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-12-004353-6
NCID BB0891094X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133451
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想