アレクサンドロスとオリュンピアス : 大王の母、光輝と波乱の生涯

森谷公俊 著

アレクサンドロス大王の母、オリュンピアス。彼女は、蛇をあやつる怪しい密儀に没頭し、妖艶な魅力でマケドニア王フィリッポス2世の心をとりこにした魔性の女なのか。息子アレクサンドロスに狂おしいまでの愛情をそそぎ、その世界帝国建設を遠くから見守りつづけた賢母なのか。それとも野心と権力欲に衡き動かされて、夫の暗殺を背後であやつり、王族の女性たちを次々と手にかけて殺した稀代の悪女なのか。激動の時代を毅然と生きぬいた大王母の波乱と悲劇の生涯を通して、古代地中海世界の真実に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 密儀
  • 第2章 同盟
  • 第3章 王子
  • 第4章 宮廷
  • 第5章 亀裂
  • 第6章 暗殺
  • 第7章 情愛
  • 第8章 抗争
  • 第9章 故国
  • 第10章 動乱
  • 第11章 決戦
  • 第12章 断絶

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アレクサンドロスとオリュンピアス : 大王の母、光輝と波乱の生涯
著作者等 森谷 公俊
書名ヨミ アレクサンドロス ト オリュンピアス : ダイオウ ノ ハハ コウキ ト ハラン ノ ショウガイ
シリーズ名 ちくま学芸文庫 モ15-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.4
ページ数 251p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09449-0
NCID BB08900221
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22103873
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想