科学的精神の形成 : 対象認識の精神分析のために

ガストン・バシュラール 著 ; 及川馥 訳

電気を帯びた物体にはほこりがくっつく。ゆえに電気は糊である-十七、十八世紀の厖大な科学文献を渉猟して、抱腹絶倒の誤謬へとなぜ人は突き進むのかを検証する。最初の経験への過信、過度な一般化、一元化、実体化、イメージや類推への依存、アニミスム的物体観、…いまもなお私たちに働く「認識論的障害」を乗り越えつづけ、本当の科学的精神に向かうために。科学哲学の傑作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 認識論的障害の概念 本書のプラン
  • 第一の障害、最初の経験
  • 科学的認識の障害となる一般的認識
  • ことばの障害の例、海錦 身近なイマージュの過度の拡大
  • 科学的認識の障害としての一元的かつプラグマティックな認識
  • 実体論的障害
  • 実在論者の精神分析
  • アニミスムの障害
  • 消化の神話
  • リビドーと対象認識
  • 量的認識の障害
  • 科学的客観性と精神分析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学的精神の形成 : 対象認識の精神分析のために
著作者等 Bachelard, Gaston
及川 馥
バシュラール ガストン
書名ヨミ カガクテキ セイシン ノ ケイセイ : タイショウ ニンシキ ノ セイシン ブンセキ ノ タメ ニ
書名別名 La Formation de l'esprit scientifique
シリーズ名 平凡社ライブラリー 760
出版元 平凡社
刊行年月 2012.4
ページ数 542p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76760-5
NCID BB08894570
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22102569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想