「主権者」は誰か : 原発事故から考える

日隅一雄 著

原発事故後、多くの情報が隠され、国民不在の場で、さまざまな対応策・基準が決められた。なぜ「主権者」である国民が、これほどないがしろにされたのか。政府や東電などの対応を振り返り、その構造的問題を明らかにし、改善策を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 情報は誰のものか
  • 2 誰のための官僚か-「主権在官」の実態
  • 3 司法の限界
  • 4 主権者として振る舞うために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「主権者」は誰か : 原発事故から考える
著作者等 日隅 一雄
書名ヨミ シュケンシャ ワ ダレカ : ゲンパツ ジコ カラ カンガエル
シリーズ名 岩波ブックレット No.830
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.4
ページ数 54p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270830-0
NCID BB08890081
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22121121
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想