古代エジプト文明 : 世界史の源流

大城道則 著

世界史の中で古代エジプト文明が果たした役割とは何か。ミノア、ヒクソス、アッシリア、ペルシア、ギリシア、ローマ…西洋世界の源流のひとつとしてエジプトを捉えたとき、まったく新たな歴史像が立ち上がる。最新の研究成果をふんだんに盛り込み、「外」とのインタラクションという視点の下にその興亡を描き直す、画期的試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 古代エジプト文明の誕生
  • 第1章 ミノア文明と古代エジプト文明
  • 第2章 異民族ヒクソスの時代
  • 第3章 アクエンアテン王の宗教改革と多神教世界
  • 第4章 アマルナ時代とアマルナ文書
  • 第5章 ヒッタイトとカデシュの戦い
  • 第6章 ラメセス三世と「海の民」
  • 第7章 アレクサンドロス大王とアレクサンドリア
  • 第8章 女王クレオパトラ七世のエジプト
  • 第9章 古代ローマ帝国と皇帝たちのエジプト史
  • 終章 古代エジプト文明は世界史の中へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代エジプト文明 : 世界史の源流
著作者等 大城 道則
書名ヨミ コダイ エジプト ブンメイ : セカイシ ノ ゲンリュウ
シリーズ名 講談社選書メチエ 527
出版元 講談社
刊行年月 2012.4
ページ数 283p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258530-9
NCID BB08878585
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22089297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想