カールツァイスの経営倫理 : エルンスト・アッベの経営思想

野藤忠 著

本書は、カールツァイス社の創業から経営を担い、企業が利益を出しつつその永続性を保つための仕組みづくりに全身全霊を賭けた、エルンスト・アッベの経営思想、実践事例を詳細に検証。8時間労働、有給休暇、企業年金、健康保険など、従業員の勤労意欲を高め、労使協調による企業成長を可能にしたアッベの理想と実践は現在の企業経営に多くの示唆を与えるものといえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アッベの生涯
  • 第2章 アッベの経営構想
  • 第3章 アッベの経営の理想
  • 第4章 アッベの経営目的の実現
  • 第5章 アッベの経営経済学創造への寄与
  • 第6章 アッベの経営社会政策論創造への寄与
  • 第7章 アッベの経営倫理の思考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カールツァイスの経営倫理 : エルンスト・アッベの経営思想
著作者等 野藤 忠
書名ヨミ カールツァイス ノ ケイエイ リンリ : エルンスト ・ アッベ ノ ケイエイ シソウ
シリーズ名 Minerva人文・社会科学叢書 176
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.3
ページ数 287p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06204-1
NCID BB08876477
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22076284
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想