東アジアの間地方交流の過去と現在 : 済州と沖縄・奄美を中心にして

津波高志 編

在日済州人をインターローカル(間地方的)な内なる視点から捉え直し、その移動と交流の過去と現在を問う。合わせて、琉球弧の島々の周辺地域との交流史も取り上げ、島の目線で東アジアにおける人の移動と交流の構図を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 人の移動と韓国人(韓国人の移動をめぐる状況論と文化的要因
  • ディアスポラとグローバリズムの民流学-「コリアン」移民をみる二つの立場
  • 在日済州人の生活と精神
  • 済州島のダン(堂)と壱岐島のお堂-東シナ海域における共有化されている文化と「カミ」)
  • 第2部 関西の在日済州島人(済州の人々の生活世界における「日本」
  • 在日済州島人の移動と生活-解放前後を中心に
  • 第二次大戦後における済州島民の日本への「密航」について
  • 在日済州島出身者と学校教育-口述記録の検討から
  • 日帝下在済州人の形成と移住史的意味)
  • 第3部 済州文化の諸相(済州島の生態文化
  • 済州潜嫂(海女)の漁撈文化-自然や神との人間の交換関係とその変化
  • 済州島一村落におけるクェンダン関係の変化-一九世紀から二〇世紀の戸籍中草を通して
  • 済州島における村落共同体祭儀の現代的意義-納邑里の「〓祭(ポジェ)」を中心として
  • 済州と琉球の神話比較-『おもろさおうし』を中心に)
  • 第4部 琉球弧の間地方交流史(琉球列島と韓半島-物質文化交流・交易システムの解明
  • 東アジアの稲作の拡散と人の移動
  • 移動と漂流史料における民族の接触と文化の類縁関係-与那国島と台湾
  • 薩摩侵攻と奄美の文化変容
  • 沖縄最初の韓国人慰霊碑青丘之塔)
  • 第5部 近距離移動を考える(韓国における都市化と人の移動-首都圏北西部の新都市開発を中心に
  • 済州道における人口移動の実態と特徴-二〇〇〇年以降の道内移動を中心に
  • 奄美大島大和村における人口移動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアの間地方交流の過去と現在 : 済州と沖縄・奄美を中心にして
著作者等 津波 高志
書名ヨミ ヒガシアジア ノ カン チホウ コウリュウ ノ カコ ト ゲンザイ : サイシュウ ト オキナワ ・ アマミ オ チュウシン ニ シテ
書名別名 Higashiajia no kan chiho koryu no kako to genzai
シリーズ名 Human Migration and the 21st Century Global Society Project, University of the Ryukyus 5
琉球大学人の移動と21世紀のグローバル社会 5
出版元 彩流社
刊行年月 2012.3
ページ数 491, 7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7791-1674-2
NCID BB08866677
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22074297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ディアスポラとグローバリズムの民流学 全京秀, 神谷智昭
人の移動と韓国人
在日済州人の生活と精神 李昌益, 神谷智昭
在日済州島人の移動と生活 伊地知紀子
在日済州島出身者と学校教育 鄭雅英
奄美大島大和村における人口移動 津波 高志
日帝下在日済州人の形成と移住史的意味 李暻遠, 神谷智昭
東アジアの稲作の拡散と人の移動 後藤雅彦
東アジア地域間人的交流と移住民の人権 神谷智昭, 金富燦
沖縄最初の韓国人慰霊碑青丘之塔 神谷智昭, 趙誠倫
済州と琉球の神話比較 神谷智昭, 許南春
済州の人々の生活世界における「日本」 庾喆仁, 神谷智昭
済州島における村落共同体祭儀の現代的意義 姜京希, 津波 高志
済州島のダン (堂) と壱岐島のお堂 原尻 英樹
済州島の生態文化 尹龍澤, 神谷智昭
済州島一村落におけるクェンダン関係の変化 金昌民, 津波 高志
済州文化の諸相
済州潜嫂 (海女) の漁撈文化 安美貞, 神谷智昭
済州道における人口移動の実態と特徴 神谷智昭, 鄭光中
琉球列島と韓半島 池田榮史
琉球弧の間地方交流史
移動と漂流史料における民族の接触と文化の類縁関係 稲村務, 黄智慧
第二次大戦後における済州島民の日本への「密航」について 藤永壯
薩摩侵攻と奄美の文化変容 津波 高志
近距離移動を考える
関西の在日済州島人
韓国における都市化と人の移動 神谷智昭
韓国人の移動をめぐる状況論と文化的要因 伊藤亜人
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想