美の万葉集

高岡市万葉歴史館【編】

歌われた自然・人・ことばを手がかりに、歌集としての構成や配列の美しさなども視野に入れ、万葉集が内包する古代人の考え抜いた美を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 万葉集の「美」について
  • 「天離る夷」考-都の美と夷の情と
  • ことばの「美」 序詞-用語「序」の発見をめぐって
  • さびしからずや道を説く君-天平感宝元年の家持をめぐって
  • 女歌の美-大伴坂上郎女の言葉
  • 藤波の美の誕生-大伴家持「布勢の水海」遊覧歌
  • 風土の美をうたう
  • 天象の美
  • 赤人・ことばの美的整斉
  • 大伴家持の美-巻十九巻頭越中秀吟
  • 萬葉集古写本の美-藍紙本萬葉集について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美の万葉集
著作者等 高岡市万葉歴史館
書名ヨミ ビ ノ マンヨウシュウ
シリーズ名 万葉集 15
高岡市万葉歴史館論集 / 高岡市万葉歴史館 編 15
出版元 笠間書院
刊行年月 2012.3
ページ数 346p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-305-00245-7
NCID BB08839630
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22085068
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想