バレエとダンスの歴史 : 欧米劇場舞踊史

鈴木晶 編著

ルネサンスからコンテンポラリーダンスまで。各分野第一人者の書き下ろしによる、日本初のアカデミックな欧米舞踊史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 バレエ(バレエの起源
  • バレエ・ダクシオンの誕生
  • 19世紀のバレエ
  • バレエ・リュス
  • 20世紀ロシア・バレエ
  • 現代のバレエ)
  • 第2部 ダンス(アメリカのモダンダンス
  • ポストモダンダンス
  • ドイツのダンス
  • フランスのダンス
  • コンテンポラリーダンス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バレエとダンスの歴史 : 欧米劇場舞踊史
著作者等 副島 博彦
外山 紀久子
安田 靜
市瀬 陽子
森 立子
武藤 大祐
海野 敏
貫 成人
赤尾 雄人
鈴木 晶
書名ヨミ バレエ ト ダンス ノ レキシ : オウベイ ゲキジョウ ブヨウシ
出版元 平凡社
刊行年月 2012.3
ページ数 310p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-582-12523-8
NCID BB08837850
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22096936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想