なぜ男は女より多く産まれるのか : 絶滅回避の進化論

吉村仁 著

すべては「生き残り」のため。競争に勝つ強い者ではなく、環境変動に対応できた者のみが絶滅を避けられるのだ。素数ゼミ、チョウ、人間らの「そこそこ」「負けない」戦略から、"絶滅回避"を第一原理とする新しい進化論を展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 素数ゼミと絶滅回避の進化
  • 第2章 生きものの数の不思議-「幾何平均」で考える
  • 第3章 リスクへの適応-生き残りの原理
  • 第4章 男子が多く生まれる訳-絶滅回避の原理
  • 第5章 生きものたちの共生-「競争」か「協力」か
  • 第6章 絶滅を避けるための行動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ男は女より多く産まれるのか : 絶滅回避の進化論
著作者等 吉村 仁
書名ヨミ ナゼ オトコ ワ オンナ ヨリ オオク ウマレル ノカ : ゼツメツ カイヒ ノ シンカロン
シリーズ名 ちくまプリマー新書 177
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.4
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68879-8
NCID BB08831821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22081977
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想