検証大阪の教育改革 : いま、何が起こっているのか

志水宏吉 著

大阪維新の会が府議会に提出した「教育基本条例案」の何が問題なのか。それが登場してきた思想的・現実的な背景とは。教育改革の世界的な動向について概観しつつ、条例を批判的に読み解き、真の「格差を超える教育」を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 大阪で何が起こりつつあるか
  • 1 PISA以降の世界、全国テスト以降の日本(PISA以降の世界の学力秩序
  • 新自由主義の強まり ほか)
  • 2 橋下知事時代の大阪の教育(大阪人として
  • 氏のスタイル ほか)
  • 3 教育基本条例をめぐる攻防(二条例案の提出とその波紋
  • 条例案に対する評価 ほか)
  • 4 大阪の教育の革新のために(大阪の教育のよいところ
  • 「力のある学校」のスクールバスモデル ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 検証大阪の教育改革 : いま、何が起こっているのか
著作者等 志水 宏吉
書名ヨミ ケンショウ オオサカ ノ キョウイク カイカク : イマ ナニ ガ オコッテ イル ノカ
書名別名 Kensho osaka no kyoiku kaikaku
シリーズ名 岩波ブックレット No.833
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.4
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270833-1
NCID BB08825705
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22103896
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想