都市言語の形成と地域特性

中井精一 著

近年、ことばの地域差すなわち方言とは、地域の歴史や社会、経済などの複合的な要因によって顕在化する現象であり、方言をそのような地域特性との関係で研究する社会言語学的方言研究が注目されている。このような流れをうけて、本書は、近畿地方中央部で実施したフィールドワークにもとづき、わが国でもっとも歴史と文化資本の蓄積した都市社会である近畿中央方言域の待遇表現形式に焦点をあてて、その成立と特質、周辺地域への伝播を通して、ことばの生成と変容、拡大が都市のもつ特性とどのように関係しているかについて論証し、社会言語学的方言研究の新たな可能性について提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 研究のあらましと視点
  • 第1章 日本のフィールド言語学と都市研究
  • 第2章 近畿中央部の地域特性と言語
  • 第3章 近畿中央部の主要待遇表現形式に関する史的展開
  • 第4章 近畿中央部型待遇表現形式の拡大と都市社会
  • 第5章 近畿中央部刑待遇表現形式の受容と地域構造
  • 第6章 社会言語学的方言研究の発展と都市言語
  • 結び 社会言語学的方言研究の発展にむけて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市言語の形成と地域特性
著作者等 中井 精一
書名ヨミ トシ ゲンゴ ノ ケイセイ ト チイキ トクセイ
シリーズ名 研究叢書 423
出版元 和泉書院
刊行年月 2012.3
ページ数 271p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7576-0618-0
NCID BB08824848
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22092125
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想