叢書コンフリクトの人文学  1

小泉潤二, 栗本英世 監修

[目次]

  • はじめに なにが問われているのか
  • 第1部 自然化されるコンフリクト(豚と発動機-開発の中の信用と信頼
  • 自己をめぐるコンフリクト論再考-モノ/者としての地蔵の身体性を手がかりに)
  • 第2部 国家と資本の問題(新国家建設とコンフリクト-南スーダン共和国のゆくえ
  • 日独交流における社会政策の方法論-福田徳三とルーヨ・ブレンターノ(1898‐1930)
  • 民族主義とルンペン・プロレタリアート)
  • 第3部 日常への想像力("遅れ"を書く
  • 『Cuba Sentimental』制作ノート-人類学者がカメラを持ち、編集を終えるまで
  • 共に考えることについて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 叢書コンフリクトの人文学
著作者等 富山 一郎
小泉 潤二
栗本 英世
田沼 幸子
書名ヨミ ソウショ コンフリクト ノ ジンブンガク
書名別名 コンフリクトから問う : その方法論的検討

Sosho konfurikuto no jinbungaku
巻冊次 1
出版元 大阪大学出版会
刊行年月 2012.3
ページ数 196p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87259-402-7
NCID BB08818506
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22101421
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想