情報行動 : システム志向から利用者志向へ

三輪眞木子 著

人間はどのように情報を求め、選択し、利用しているのだろう?情報行動に関する理論や概念モデルを概観するとともに、利用者にとって使いやすく親切な情報サービスの普及にむけた具体的なとりくみも紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 情報行動の捉え方
  • 第2章 情報検索行動と情報探索行動のモデル
  • 第3章 情報行動の評価尺度
  • 第4章 情報獲得行動の特性
  • 第5章 情報探索を取り巻く概念
  • 第6章 日常生活全般の情報行動
  • 第7章 情報行動の負の側面
  • 第8章 日常の情報行動を扱う理論的枠組み
  • 第9章 情報行動の実践への適用
  • 第10章 情報リテラシー教育への展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報行動 : システム志向から利用者志向へ
著作者等 三輪 真木子
三輪 眞木子
書名ヨミ ジョウホウ コウドウ : システム シコウ カラ リヨウシャ シコウ エ
シリーズ名 ネットワーク時代の図書館情報学
出版元 勉誠
刊行年月 2012.3
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-585-05432-0
NCID BB08800828
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22076684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想