詐病と精神鑑定

西山詮 著

[目次]

  • 第1編 詐病学の歴史と司法精神医学(詐病学の歴史
  • 詐病と疾病概念
  • 臨床家の詐病に対する態度
  • 詐病の定義
  • 詐病の発生頻度
  • 専門家の証言(鑑定)は信用できるか
  • 詐病の評価(鑑定)の仕方
  • 民事裁判の原告の鑑定
  • 医師の両極性構造-詐病の精神鑑定のための倫理)
  • 第2編 詐病の事例または詐病が強く疑われる事例(「拘禁精神病」の詐病-あるいは反応性空想虚言症という詐病
  • 「特異な妄想形成」(中田・小木)とみなされた詐病
  • 犯罪被害者においてPTSDの詐病が除外できない例-詐病に対して無防備な鑑定例
  • 認知的欠陥の詐病-Resnick.P.J.の意見書(要約))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 詐病と精神鑑定
著作者等 西山 詮
書名ヨミ サビョウ ト セイシン カンテイ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2012.2
ページ数 616p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-066408-0
NCID BB08799015
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22114416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想