摂食障害および食行動異常予防に関する研究

山蔦圭輔 著

痩せていることが美しい?尺度開発、調査・介入研究から、食行動の問題が発現・維持されるプロセスを仮説モデルとして示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序論および目的
  • 2 学生における食行動異常の特徴と実態調査(研究1)
  • 3 身体像不満足感測定尺度の開発(研究2)
  • 4 食行動異常傾向測定尺度の開発(研究3)
  • 5 食行動異常傾向測定尺度カットオフポイントの設定(研究4)
  • 6 身体像不満足感と食行動異常との関連性・影響性(研究5・研究6)
  • 7 身体像不満足感と食行動異常との関係 自己意識の観点から(研究7)
  • 8 心理教育プログラムの開発と実践(研究8・研究9)
  • 9 総合考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 摂食障害および食行動異常予防に関する研究
著作者等 山蔦 圭輔
書名ヨミ セッショク ショウガイ オヨビ ショクコウドウ イジョウ ヨボウ ニ カンスル ケンキュウ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2012.2
ページ数 145p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7795-0468-6
NCID BB08786680
BB17639880
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22127896
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想