収奪の星 : 天然資源と貧困削減の経済学

ポール・コリアー 著 ; 村井章子 訳

"資源の呪い"のメカニズムとは?ガバナンスと資源の関係とは?探査から投資まで、アフリカなどの現状を分析し、自然回復と資源活用を調和させる道筋を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 自然の倫理(貧困と略奪
  • 自然は特別か)
  • 第2部 資産としての自然(資源の呪い
  • 自然資産の発見
  • 自然資産の価値の確保
  • 持続不能な収入
  • 投資への投資)
  • 第3部 生産工場としての自然(魚は自然資産か
  • 自然の負債)
  • 第4部 誤解された自然(自然と飢餓)
  • 第5部 自然の秩序(自然の秩序の回復)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 収奪の星 : 天然資源と貧困削減の経済学
著作者等 Collier, Paul
村井 章子
コリアー ポール
書名ヨミ シュウダツ ノ ホシ : テンネン シゲン ト ヒンコン サクゲン ノ ケイザイガク
書名別名 The plundered planet
出版元 みすず書房
刊行年月 2012.3
ページ数 269, 12p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07671-1
NCID BB0877539X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22073707
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想