食の終焉 : グローバル経済がもたらしたもうひとつの危機

ポール・ロバーツ 著 ; 神保哲生 訳・解説

食の巨大なサプライチェーン、その裏で今、何が起きているのか?豊かさをもたらすはずのシステムが人類を破綻に陥れる。圧倒的な取材力で真実を描き出す問題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 食システムの起源と発達(豊かさの飽くなき追求
  • すべては利便性のために
  • より良く、より多く、より安く
  • 暴走する食システムと体重計の目盛り)
  • 第2部 食システムの抱える問題(誰が中国を養うのか
  • 飽食と飢餓の狭間で
  • 病原菌という時限爆弾
  • 肉、その罪深きもの)
  • 第3部 食システムの未来(遺伝子組み換えかオーガニックか
  • 新しい食システムを求めて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食の終焉 : グローバル経済がもたらしたもうひとつの危機
著作者等 Roberts, Paul
神保 哲生
ロバーツ ポール
書名ヨミ ショク ノ シュウエン : グローバル ケイザイ ガ モタラシタ モウ ヒトツ ノ キキ
書名別名 The end of food

Shoku no shuen
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2012.3
ページ数 541p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-478-00747-1
NCID BB08774513
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22068855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想