ドル・円・ユーロの正体 : 市場心理と通貨の興亡

坂田豊光 著

金融市場での豊富な経験を持つ経済学者の手による実証的通貨論。ユーロ危機、ドル凋落、止まらない円高。通貨乱高下の原因を国際通貨制度の失敗の歴史、日米欧のマクロ経済分析、各国の金融為替政策・通貨外交の巧拙、そして市場の"心理"と"力学"から読み解いていく。烈々たる通貨の興亡から見た「戦後経済史」であるとともに、不安定度を増す世界経済の再生に必要な「理想の通貨制度」を探る試みでもある。為替取引の「実」と通貨研究の「学」を両輪に展開される内容は、ドル・円・ユーロの展望はもとより、「世界経済の持続可能性」と「基軸通貨なき時代」を見通すうえでの羅針盤となるであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 基軸ドルの凋落
  • ユーロはどこへ向かうのか(欧州の悲願だった通貨統合
  • 欧州通貨統合を焦ったEU ほか)
  • 円相場の軌跡とゆくえ(問われた日本の介入姿勢
  • サブプライム問題を跨いだドル円相場 ほか)
  • 基軸通貨なき世界(ドル時代は続くのか
  • ユーロはドルの対抗軸に成り得るのか ほか)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドル・円・ユーロの正体 : 市場心理と通貨の興亡
著作者等 坂田 豊光
書名ヨミ ドル エン ユーロ ノ ショウタイ : シジョウ シンリ ト ツウカ ノ コウボウ
書名別名 Doru en yuro no shotai
シリーズ名 NHK BOOKS 1189
NHKブックス 1189
出版元 NHK
刊行年月 2012.3
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091189-1
NCID BB08768463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22078863
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想