まんがはいかにして映画になろうとしたか : 映画的手法の研究

橋本英治, 山本忠宏, 泉政文, 尹性哲, 蔡錦佳 著 ; 大塚英志 編著

コマ割り、カット、演出等のまんがの技術は映画的手法に起源を求めることができる!まんが史の新たな展望を切り開く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「映画的」とは何か-戦時下の映画批評と「日本的」であることをめぐって
  • 第2章 まんがと映画(線と面、そして接合)-石森章太郎『HOTEL』への助走
  • 第3章 石森章太郎におけるまんがと映画の横断
  • 第4章 『龍神沼』における映画的手法について
  • 第5章 韓国SF漫画『ライパイ』の映画的手法に関する考察
  • 第6章 武侠漫画の映画的手法表現の成立をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 まんがはいかにして映画になろうとしたか : 映画的手法の研究
著作者等 大塚 英志
尹 性喆
山本 忠宏
橋本 英治
泉 政文
蔡 錦佳
書名ヨミ マンガ ワ イカニシテ エイガ ニ ナロウトシタカ : エイガテキ シュホウ ノ ケンキュウ
出版元 NTT
刊行年月 2012.2
ページ数 254p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7571-4281-7
NCID BB08764757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22089586
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想