インカ帝国 : 研究のフロンティア

島田泉, 篠田謙一 編著

内外のインカ研究者18名が考古学、建築、美術史学、エスノヒストリー、言語学、自然人類学(生物考古学)、織物研究からインカ帝国の全貌に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論
  • テキストを通して見るインカ:一次史料
  • インカの言語
  • DNAから見たインカの起源
  • インカ国家の起源
  • ペルー高地におけるインカ帝国の意図と考古学的現実
  • インカ帝国の経済的基盤
  • モライ遺跡とインカのコスモロジー:天文、農業、巡礼
  • 紐の国家 キープによるインカ帝国の行政
  • インカの美術〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インカ帝国 : 研究のフロンティア
著作者等 島田 泉
篠田 謙一
書名ヨミ インカ テイコク : ケンキュウ ノ フロンティア
書名別名 Inka teikoku
シリーズ名 国立科学博物館叢書 12
出版元 東海大学出版会
刊行年月 2012.3
ページ数 428p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-486-01929-9
NCID BB08761817
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22075466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
DNAから見たインカの起源 篠田 謙一
インカ、その三つの顔 網野徹哉
インカにおける生、死、祖先崇拝の概念作用 ピーター・カウリケ, 松本剛
インカの建築物と景観 ジャン-ピエール・プロッツェン, ステラ・ネア, 宮野元太郎
インカの織物伝統と植民地時代におけるその変化 エレナ・フィップス, 武井摩利
インカの美術 トーマス・カミンズ, 武井摩利
インカの言語 ロドルフォ・セロン=パロミーノ, 蝦名大助
インカ国家のコリャスユ マルッティ・ペルッシネン, 竹内繁
インカ国家の起源 ダグラス・K. スミット, ブライアン・S. バウアー, 松本雄一
インカ帝国の経済的基盤 テレンス・N. ダルトロイ, 竹内繁
インカ支配の物質的記録を読む ナタリア・グスマン, フランシス・ハヤシダ, 市木尚俊, 渡部森哉
インカ王領とは? スーザン・ナイルズ, 徳江佐和子
テキストを通して見るインカ フランク・サロモン, 武井摩利
ペルー高地におけるインカ帝国の意図と考古学的現実 アラン・コーヴィー, 松本雄一
モライ遺跡とインカのコスモロジー ジョン・アールズ, 南條郁子
山々を越えて, セハ・デ・セルバへ下って インゲ・シュレルップ, 森下壽典
紐の国家キープによるインカ帝国の行政 ゲイリー・アートン, 渡部森哉
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想