新劇とロシア演劇 : 築地小劇場の異文化接触

武田清 著

日本の近代演劇と切っても切れない関係を持つロシア演劇。その関係を異文化接触と受容の位相から鮮やかに読み解いた渾身の論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 新劇とメイエルホリド(同時代人の回想から-大正・昭和初期のメイエルホリド
  • 小山内薫と「青服」の観客 ほか)
  • 第2部 新劇とロシア演劇(オリヴァー・セイラーのこと
  • 八住利雄のこと ほか)
  • 第3部 佐野碩とメイエルホリド(佐野碩のメイエルホリド-機械時代のビオメハニカ
  • メイエルホリドの暗い環1-岡田嘉子の上申書をめぐって ほか)
  • 第4部 新劇とエヴレイノフ(築地小劇場のエヴレイノフ
  • モノドラマ・人生の演劇化-エヴレイノフの演劇思想について ほか)
  • 第5部 ロシア演劇研究(ロシア・キャバレー演劇の研究 一九〇八‐一九二四
  • ソ連ネップ期の社会喜劇について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新劇とロシア演劇 : 築地小劇場の異文化接触
著作者等 武田 清
書名ヨミ シンゲキ ト ロシア エンゲキ : ツキジ ショウゲキジョウ ノ イブンカ セッショク
書名別名 Shingeki to roshia engeki
シリーズ名 明治大学人文科学研究所叢書
出版元 而立書房
刊行年月 2012.3
ページ数 416,9p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88059-363-0
NCID BB08750865
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22085804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想