未決拘禁法と人権

葛野尋之 著

[目次]

  • 本書の目的-未決拘禁法をめぐる10の課題
  • 勾留決定・審査手続の対審化と国際人権法
  • 勾留回避・保釈促進のための社会的援助
  • 代用刑事施設と国連拷問等禁止条約
  • 代用刑事施設問題の現在-2008年自由権規約委員会勧告から
  • 被疑者取調べの適正化と国際人権法-弁護人の援助による黙秘権の確保
  • 被疑者取調べにおける黙秘権と弁護権
  • 被逮捕者と公的弁護
  • 弁護士会の人権救済活動と刑事被拘禁者
  • 再審請求人と弁護人との接見交通権
  • 最高裁接見交通判例再読
  • 検察官による接見内容の聴取と秘密交通権
  • 刑事被収容者処遇法におkれう接見交通関連規定

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 未決拘禁法と人権
著作者等 葛野 尋之
書名ヨミ ミケツ コウキンホウ ト ジンケン
出版元 現代人文社 : 大学図書
刊行年月 2012.2
ページ数 375p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87798-518-9
NCID BB08749651
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22073873
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想