ラジオ福島の300日

片瀬京子, ラジオ福島 著

東日本大震災発災から350時間14分の、自ら収入を断つことに他ならないCMカット連続生放送。社の存続さえ危ぶまれるなか、ラジオ福島はインターネットとの連動型災害放送で県内外、海外へも声を届け、多大な支持を集めた。いまも闘いは続き、果ては全く見えない。苦悩と苦闘のなかから社員55人、中継車2台の小さな放送局が目指す道とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 取材のなかで
  • 第1章 二〇一一年三月十一日
  • 第2章 三百五十時間十四分CMカット連続生放送
  • 第3章 会社はもつのか-焦りと戸惑いの再開
  • 第4章 スタジオを出よう、現場を歩こう
  • 第5章 爆笑問題の生放送
  • 第6章 闘いは続く
  • 聴いている

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラジオ福島の300日
著作者等 ラジオ福島
片瀬 京子
書名ヨミ ラジオ フクシマ ノ 300ニチ
書名別名 Rajio fukushima no 300nichi
出版元 毎日新聞社
刊行年月 2012.3
ページ数 207p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-620-32118-9
NCID BB08743768
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22074249
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想