新印象派のプラグマティズム : 労働・衛生・医療

加藤有希子 著

神経生理学という19世紀の最新科学を基盤にした新印象派の「分割主義"ディヴィジョニスム"」。色彩の身体的・心理的効果を利用しようとした彼らの実践は芸術創造にとどまらず、日常生活にまで及んだ。スーラ、ピサロ、シニャックら、新印象派の画家たちの、これまで見落とされてきた行為論"プラグマティズム"を論証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 色彩-芸術と生活をつなぐメディア
  • 第1章 色彩知覚と神経労働-分割主義と一九世紀神経生理学の倫理(能動的な知覚-フェリクス・フェネオンの新印象派批評と神経生理学
  • 「疲労」の管理-補色調和説再考
  • 神経生理学、その生動する「均衡」倫理)
  • 第2章 神経生理学の空間-色彩と運動性(シニャックによる断片表象の戦略的歴史記述
  • 神経生理学における色彩表象の優位性
  • 双眼視と色片、「未完」の生命を表象する)
  • 第3章 新印象派の衛生・医療-その色彩論との交点(水浴と水療法
  • 赤と青-色彩による健康管理
  • 同毒療法の理論と実践)
  • エピローグ 行為する「均衡」-新印象派のプラグマティズムへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新印象派のプラグマティズム : 労働・衛生・医療
著作者等 加藤 有希子
書名ヨミ シンインショウハ ノ プラグマティズム : ロウドウ エイセイ イリョウ
書名別名 Shin'inshoha no puragumatizumu
出版元 三元社
刊行年月 2012.3
ページ数 181,64p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88303-312-6
NCID BB08743440
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22087949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想