ペイオフ発動

相沢幸悦 著

2010年9月10日、日本振興銀行が破綻。1971年の預金保険制度創設以来初めてとなるペイオフが発動された。本書は、経済構造改革のもと、ミドルリスク・ミドルリターンという新たな金融ビジネスモデルを掲げて登場した振興銀行の設立、免許付与の適切性とその経営実態を明らかにし、健全な金融政策・制度とは何かを探求する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本ではじめてのペイオフ
  • 第1章 経済構造改革と金融行政
  • 第2章 免許を取得した日本振興銀行
  • 第3章 営業をはじめた日本振興銀行
  • 第4章 日本振興銀行ついに破綻
  • 第5章 日本振興銀行破綻の教訓
  • 提言-悪徳銀行を排除するために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ペイオフ発動
著作者等 相沢 幸悦
書名ヨミ ペイオフ ハツドウ : シン キンユウ ビジネス ハタン ノ ジッタイ
書名別名 新金融ビジネス破綻の実態
シリーズ名 シリーズ・現代経済学 10
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.3
ページ数 226, 3p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-06249-2
NCID BB08741456
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22069758
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想