主体性は教えられるか

岩田健太郎 著

上司や指導医に指示されたことはソツなくこなすのに、主体的に行動することが苦手な医学生や研修医。彼らはなぜ自分の頭で考えられないのか。そもそも日本の学校教育が、個人の主体性を涵養するように出来ていないのではないか。本書では、医学教育をケーススタディとして現状を精査、具体的な改善案を提示しながら、主体的に生きるとはどういうことか、主体性を教えることは可能なのかという問いを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 主体性が不可欠な医療現場
  • 第2章 主体性を涵養しない教育制度
  • 第3章 医学教育の迷走
  • 第4章 医学生たちとの対話
  • 第5章 主体性とは何だろうか
  • 終章 サッカー日本代表チームの成熟と主体性の変遷

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 主体性は教えられるか
著作者等 岩田 健太郎
書名ヨミ シュタイセイ ワ オシエラレルカ
書名別名 Shutaisei wa oshierareruka
シリーズ名 筑摩選書 0037
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.3
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-01539-6
NCID BB08741048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22085429
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想