江戸の流行り病 : 麻疹騒動はなぜ起こったのか

鈴木則子 著

疱瘡は見目定め、麻疹は命定め-江戸時代、麻疹は大人も発病し命に関わると恐れられていた。将軍から町人まで人々はいかに麻疹と付き合ってきたのか。医学書や御触書、浮世絵などから論じ、麻疹を通して江戸社会を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 江戸の麻疹世界-プロローグ
  • 麻疹への注目
  • 医療の広がりとマニュアル化
  • 麻疹景気をめぐる攻防
  • 麻疹本を読む人々
  • 文久麻疹クライシス
  • 遠ざかる江戸の麻疹世界-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の流行り病 : 麻疹騒動はなぜ起こったのか
著作者等 鈴木 則子
書名ヨミ エド ノ ハヤリ ヤマイ : ハシカ ソウドウ ワ ナゼ オコッタノカ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 342
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2012.4
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05742-4
NCID BB08725187
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22076804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想