〈身売り〉の日本史 : 人身売買から年季奉公へ

下重清 著

借金のカタに娘が泣く泣く遊女に売られる「身売り」。中世の人買い船、戦国の「人取り」、江戸時代の人身売買禁止令を分析し、「遊女に売る」から「奉公へ出す」へ変わる人びとの認識とそのカラクリをあぶり出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 弱者が人身取引の犠牲になる-プロローグ
  • 人身売買と「人売り買い」
  • 戦国の人売り買い
  • 「奉公人」から年季奉公人へ
  • 身売りの変性
  • 生き残る身売り
  • 身売りは江戸時代の代名詞-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈身売り〉の日本史 : 人身売買から年季奉公へ
著作者等 下重 清
書名ヨミ ミウリ ノ ニホンシ : ジンシン バイバイ カラ ネンキ ボウコウ エ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 341
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2012.4
ページ数 242p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05741-7
NCID BB08720842
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22075978
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想